プレスリリース

プレスリリースと広告の違い、それはある種、明確で、皆さんご存知のとおり無料か有料かの違いである。また、広告によっては審査などあるが基本的には広告はどのような広告であっても掲載してくれるところが多い、反面プレスリリースは、各媒体の記者の判断によって掲載されるかどうかは決まってくる。

今回特集で取り上げたテーマは、プレスリリースと広告の違いのほかにマスコミ業界地図というものを取り上げてみたが、マスコミ業界地図というものは、マスコミから見た視点で私たち(プレスリリースを投稿するもの)を図に表したものである。

まずは、記者たちの本音として、知りたいこととしてはいったい私たちプレスリリース投稿者のことをどう思っているのだろうかというところだ。ずばり、彼らからすると私たちは未来のお客様もしくは、明日のお客様なのだ。

なぜかと言うと、マスコミも所詮会社であって、従業員がいる。泥臭く言えばボランティアでいい記事ばかり書いていても一銭にもならないわけだ。要するに広告とれてナンボの世界ということでもある。そこで会社側として、次のような考え方が多い。

各媒体には当然広告枠というものがあり、そのスポンサーが一番いい顔をする。それは当然である。テレビでもラジオでも、新聞雑誌でも当然である。当然記者は、その会社のプレスリリースを自社の媒体で紹介し、その会社が利益を上げれば当然のことごとく、次には広告の営業の電話がかかってくる。

要するに、マスコミはプレスリリースを掲載して終わりということを嫌い、広告とセットにしたがる傾向がある。よく媒体広告の営業マンから、強引に広告掲載を依頼され、迷っていると次の日の新聞に自社の商品発表の小さな記事が出ていた、なんてこともよくある話である。

私の知っている限り某大手IT系ニュースなどでは、むしろその手法しか行っていないような気がする。
私の言わんとすることを少しでもお察しいただければ非常にありがたい。

今回のことを生かしValuePress!では、新機能広告見積もり一斉送信サービスを会員向けに無料で提供することにした。ようは、プレスリリース配信後に、広告の見積もりもしておくというものである。