2389 オプト スマホ向け広告の取り扱いが拡大

12年12月期通期(12年1月~12月)の連結業績は、売上高が11年12月期比26.7%増の789億円、営業利益が同36.1%増の15億円だった。検索連動型広告やスマホ向け広告の取り扱いが拡大、顧客属性や利用履歴を蓄積したデータベース(DB)を活用したマーケティング支援サービスも収益拡大局面に入り、連結業績は大きく拡大した。


大証ジャスダックに株式を上場するオプトは、東証への市場変更を検討しており、電通との媒体共同仕入れなどが上場審査上の課題として浮上してきた。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及やネット広告の構造変化などにより広告と販促の垣根も曖昧になってきており、今回、共同仕入れの終了や電通に出向している従業員の配置、電通からオプトへの役員派遣人数などの見直しを決めた。

 

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*